大島椿ヘアオイルがおすすめな理由

大島椿 長い歴史を歩み 髪から肌まで幅広く使える

大島椿は、髪のパサつきや絡まりなどのダメージ補修効果が期待できます。また、天然オイル100%の大島椿は髪だけではなく、顔や頭皮などの刺激に弱い肌にも使用可能です。それだけ刺激を感じる危険性が低いということですね。

そんな椿オイルの歴史は平安時代から続き、大島椿においても90年以上もの長い歴史があります。実際に得られる効果も高く、口コミランキングでも上位を獲得するほど。今も尚変わらずに幅広い年代から絶大な支持を集めています。

大島椿 60mL

大島椿 60mL

1,068円(10/17 03:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

大島椿が選ばれる3つの理由

髪だけではなくマルチに使える

大島椿を髪に馴染ませることで1本1本をコーティングし、水分の蒸発を防ぎながら熱や紫外線などの刺激から守ることができます。さらに、大島椿ならではの保湿力でキューティクルが剥がれるのを防ぎ、手触りの良い美髪へと導きます。

このように洗い流さないトリートメントとしてダメージ補修を目的に大島椿を選ばれる方も多いのではないでしょうか。ところが、大島椿は髪以外にもフェイスやボディ、頭皮などの幅広い部位にスキンケアとしてマルチに活用することができます。使い方は気になる箇所に1滴馴染ませるだけ。

肌の保湿が西欧に行われることで、乾燥肌だけではなくニキビや毛穴詰まりなどの肌トラブル改善にも効果が期待できます。大島椿1つで全身の潤いを保てるためコスパ力も抜群です。

大島椿はオイルタイプなのに使いやすい

髪から肌まで、さまざまな部位に利用できる大島椿。ただ使用感が悪ければ、また使いたいとは思いにくいですよね。特にオイルタイプともなると、テカリやベタ付きが気になります。

ところが、大島椿ではサラッと使いやすい着け心地で作られています。また、独特な香りも発していないので、抵抗感なくケアできます。このような使い心地を生み出しているのは、大島椿ならではの精製方法にあります。

質の高い大島椿を作り出すためには厳しいチェックを行い、徹底的に夾雑物を排除。専門技術を駆使することで、ストレスを感じない使いやすい大島椿が完成します。さらに、これらの工程を踏むことで酸化しにくいオイルに。

髪だけではなく肌に利用するからこそ、最後の1滴まで大島椿は安心して利用できますね。

カメリア種子油だからリーズナブル

椿オイル100%と表示されている大島椿ですが、実は配合されている成分は「カメリア種子油」なのです。椿油と比較すると価格だけではなくオレイン酸の配合量や抽出される植物に違いがあります。

日本で使用されるカメリア種子油のほとんどは油茶(ユチャ)と呼ばれる中国産のツバキ属植物が原料。対し、ツバキ科ツバキ属のヤブ椿から抽出されたものを椿油と呼びます。オレイン酸の量を比較するとカメリア種子油が約50%、椿油は約80%と純正である椿油は多く含まれています。

ただ、椿油が取れる量は1度にごくわずか。カメリア種子油を比較すると値段が高くなりやすいのです。そのためリーズナブルな価格で椿油に酷似した効果を得るなら、カメリア種子油100%を使用した大島椿がオススメです。同じツバキ属の植物であるため、椿油に劣る部分はありますが保湿効果や浸透力の高さを実感することが可能です。